インプラントは口内トラブルを解決してくれる

一般的な歯科治療には入れ歯やブリッジなどがありますが、健康な歯を削らなければいけない、噛み合わせ、噛み心地が良くない、味覚に影響があるなど、せっかく治療したのに口内トラブルを繰り返す場合があります。その点インプラントは従来の歯科治療では補えなかった点が改善されます。また、天然歯とほぼ同じ咀嚼力を維持できるので、固いものも自分の歯と同じ感覚で噛むことができるのも利点です。

手術が必要なインプラント!治療を受けるなら知って欲しいコト

インプラントができる歯医者でできること

街のどの歯医者でもインプラント治療ができるわけではありません。インプラントは熟練の技術と手術が必要なので、施術実績や手術設備の整っている歯医者での治療を選択することが大切です。また、インプラントには「2ピースタイプ」と「1ピースタイプ」という種類があります。2ピースタイプとは、インプラントとアパッチメントをネジで繋ぐタイプで、接続部分の形によりアパッチメントが変わってくるので、あまり特殊なものを使用している歯医者で治療を受けると後のメンテナンスで歯医者が選びにくくなる点は注意が必要です。また、2ピースタイプにはエクスターナルタイプ(凸型)とインターナルタイプ(凹型)の2種類があります。1ピースタイプはインプラントとアバットメント一体型のもので、手術が1回で済む利点がありますが、あごの骨にしっかり厚みがないと入れることができないので誰でも適用になるものではありません。

目的に応じて歯科を選択

インプラント治療は街の歯医者でも受けることができますし、大学病院で受けることもできます。一般的には歯医者で受ける方が多いですが、持病を持っている方や心臓が弱い方などは科が揃っている大学病院で治療を受けることをおすすめします。手術で切開を行いますので、何が起こっても大丈夫な体制を整えることを考えましょう。歯医者を選ぶ場合は、充分に実績のある先生を選び、院内も清潔で手術設備や検査設備が整っている医院を選びましょう。また、2ピースタイプでもどの種類を採用しているのかをよく調べて、デメリットもよく把握した上で、納得行く説明をしてくれる歯医者を選択してください。

評判を事前に確認しておく

実際に歯医者を見に行って院内の清潔度や設備を確認して、自分の意思で選ぶのが最適ですが、インプラント治療の評判も事前に調べておくと良いでしょう。歯医者の口コミサイトなどがありますのでそこを見たり、歯医者のホームページにインプラント治療のことが詳しく記載されているか、治療費はは安すぎないかなどをチェックします。治療費が他院より安いのは要注意です。必要な設備が完備されていないか、安くすることで患者を集めて治療実績を積むことが目的になっている場合があります。患者が多くなることで一人一人のメンテナンスが疎かになっているケースもあります。自分の目で確認し、治療を受けた人の評判もよく見て、総合的に歯医者を選んでいきましょう。

注目を集めているインプラントとは

今「1Dayインプラント」という手法が注目を浴びています。その日のうちに手術が完了して翌日から日常生活が可能になります。従来の手術ではインプラントとあごの骨が結合するまで3〜6ヶ月の時間を要していましたが、1Dayインプラントではその期間を短縮し、なんと1日ですべてを終えてしまう手術法です。もちろんメンテナンスや経過観察は必要ですが1日ですべてが終了するのは画期的です。今ジワジワと注目を浴びている最新技術です。

[PR]
町田の歯科で虫歯治療!
お口のトラブルに関することはなんでも相談☆

差し歯VSインプラント!それぞれの特徴を比較

差し歯の特徴

差し歯とインプラントを勘違いされる方が多いのですが、まったく違う治療法です。差し歯は残っている歯を利用して金属やプラスチックの土台をはめ込み被せ物をする治療法です。しかし、保険が効く金属製の土台は入れた歯や残った歯が欠けたり、古くなってくると適合が甘くなり、そこに菌が入り込み繁殖して口臭の原因になるなど、トラブルも多い治療法です。残った歯に優しい土台もありますが、保険が適用されていないので高額になります。

インプラントの特徴

インプラントは歯茎を切開してあごの骨にドリルで穴を開けインプラント体をはめ込み、その上にセラミックでできた人工の歯をセットする手法です。保険は適用されていませんので高額になりますが、自分の歯と遜色ない噛み心地や、メンテナンスを心がければトラブルも少ない点が利点です。1本だけ欠けた歯にも、歯をすべて失った場合にも適用は可能です。ブリッジや入れ歯などと組み合わせてセットすることも可能なので合わない歯で我慢する必要はなくなります。

歯が欠けてしまった時の対処法

インプラントの歯は、まれに欠けてしまうことがあります。セラミックですが、自分の歯や金属の被せ物と比べると若干強度が弱く、不意に欠けることがあります。欠けた時はその欠けた部分はできるだけ確保しておきましょう。無くなってしまえば仕方ないですが、欠けた部分を持って歯医者に行くと上手く接着できる場合があります。欠けた部分が少々なら研磨して形を整えることもあります。保証期間内なら無料になるか低価格になりますので、インプラントの治療開始の時によく確認しておくと良いでしょう。

インプラント治療の流れ

まず治療計画を立てます

失われた歯の状態、あごの骨の固さや大きさなどにより、治療方針は大きく変わりますので、まずは状態を確認して治療計画を立てていきます。この時に疑問に思ったことは何でも聞いておきましょう。

問診やレントゲンで検査を受けます

全身症状の病歴がないか、現在の健康状態を問診で確認していきます。問題がなければ医療機器を使って検査を開始します。レントゲンやCTを駆使してあごの骨を把握します。ドリルが神経に触れて神経麻痺を起こさないように、神経の位置もここで綿密に調べます。

一次手術(インプラント埋め込み)

局部麻酔をかけて歯茎を開き、あごの骨にドリルで穴を開けてインプラントを埋め込みます。歯茎を縫合して終了です。その後1〜2週間で抜歯を行い、手術箇所の確認を行います。その後はインプラントが骨にしっかり結合するのを待つために3〜6ヶ月の安静を取ります。この間は仮の歯を入れて生活に支障が出ないようにすることもあります。1ヶ月に1回来院し、術後の経過観察を行います。

二次手術(アタッチメント取付け)

骨にしっかり結合できていることが確認できたら、次は二次手術です。再び歯茎を切開して、アパッチメント(インプラントと人工の歯を繋ぐ支柱)をインプラント本体に取り付けます。歯茎が切開されるのでその傷が回復するまで待ちます。約1〜6週間。その後、型をとって人工の歯を制作します。出来上がった歯をアパッチメントにセットすればインプラント治療の完成です。

メンテナンスと定期検診

半年に一度の定期検診を受けます。口腔内の衛生を保つ方法や歯磨きの仕方などの指導を受けたり、インプラントの安定性を確認したり、セラミック歯の状態や噛み合わせをチェックして適宜調整していきます。

[PR]
ホワイトニングを梅田で受けよう♪
白くてキレイな歯をGET☆

[PR]
門真市にある歯医者を利用しよう
お口のトラブルをスピード解決☆

[PR]
大阪でホワイトニング施術を受けよう
専門サロンを数多く紹介中♪

[PR]
立川周辺でインプラント治療を探す
経験豊富な専門医に相談しよう