自分に合った部分入れ歯を選ぶには?評判のいい医師に相談しよう

>ホットトピックス>高性能な部分入れ歯も登場!快適な入れ歯生活を送るには

部分的に歯を補う

部分入れ歯とは名前の通り、部分的に欠けてしまった部分の葉を補うために装着する義歯を言います。そのため部分入れ歯以外の部分は自分自身の歯になるので口の中全体の機能が落ちてしまうのを予防できますし、見た目のデメリットも解消できるところがメリットです。ただし部分的に装着するため部分入れ歯の種類によっては歯茎や口への負担が大きいため、その点に注意しながら入れ歯の種類や装着方法を検討する必要があります。

部分入れ歯の種類

金属床義歯

部分入れ歯の中で利用されているケースが多いのが、バネを用いた骨組みに金属を用いている「金属床義歯」です。特徴としては金属部分が丈夫にできているので簡単に壊れない点や、入れ歯の大きさを薄く作れるところだとされています。また金属部分からの熱伝導で食べ物の温度をしっかり感じられるところや、丈夫なつくりなのでしっかり噛んで食べられるところも魅力だと言われています。

コーヌス入れ歯

一般的な部分入れ歯は入れている部分が他人からもわかりやすくなっているのですが、「コーヌス入れ歯」はばねを使わずに装着できるため他人からはわかりにくいところが大きな特徴です。造りとしては摩擦力を応用した被せるタイプの部分入れ歯であり、外れにくさや歯茎に負担を掛けないところが魅力とされています。また喋っている時に違和感を感じにくいので、喋る仕事をしている人におすすめの部分入れ歯です。

精密アタッチメント義歯

コーヌス入れ歯は、ばねを使わずに周囲に気付かれない部分入れ歯ですが、ばねを使いながらも周囲に気付かれないようにできる部分入れ歯として人気を集めているのが「精密アタッチメント義歯」です。こちらの場合は特殊な連結装置を利用しているところが特徴で、入れ歯そのものをしっかり安定させることができます。また、ばねを使っていながらも歯茎に負担がかかりにくく、つけている本人でも気づきにくいので自然なつけ心地が魅力となっています。

ブリッジ

一般的な部分入れ歯は取り外しをしながら利用するのですが、取り外しをしたくないという人におすすめされているのが「ブリッジ」です。ブリッジは義歯を外れないように固定するタイプの部分入れ歯であり、残されている自分の歯が少ない場合でもしっかり部分入れ歯を固定できるようになっています。利用する場合にはある程度条件はあるものの、取り外しをしなくてもいいので管理がしやすいところがメリットです。

インプラント義歯

部分入れ歯の中でも特に若い世代から人気を集めているのが「インプラント義歯」であり、いわゆる埋め込み型の部分入れ歯です。最大の特徴は自分自身の歯と同じくらいの機能を持っているところで、口の中全体の機能を衰えさせないところがメリットだとされています。見た目も普通の歯と変わらないので部分入れ歯をしていると周囲に気付かれにくいですし、取り外しをする必要がないので管理面でも魅力がある部分入れ歯として注目を集めています。

自分に合った部分入れ歯を選ぼう

部分入れ歯には様々な種類がありますが、残された歯の状態や顎の状態など条件によって利用できる部分入れ歯は異なります。また普段の手入れやその後のメンテナンスの必要性によってもメリットデメリットがあるので、注意が必要です。このため部分入れ歯の利用を検討する場合には管理の面も含めて、自分に合った部分入れ歯を選ぶことが大切だとされています。

自費診療と保険診療のメリットとデメリット

自費診療のメリットデメリットについて

部分入れ歯を自費診療でする場合、メリットとしては素材の種類を選べるところが挙げられています。特に強度や汚れにくさを重視する場合は自費診療で選んだ方がいいですし、選べる素材の種類の幅が広がるのでより自分に合った部分入れ歯を作りやすくなっているのです。ほかにも自分の歯茎に合う違和感の少ない入れ歯を作りたい場合にも、自費診療の方が部分入れ歯の種類や素材を選びやすくなっているのでおすすめされています。デメリットとしてはやはり費用が高額になりやすい点が挙げられており、数十万円かかる場合もあるので注意が必要です。

保険診療のメリットデメリットについて

一方保険診療でも部分入れ歯を作ることができるのですが、その場合は部分入れ歯に使用する素材の種類が選べないところがデメリットだとされています。通常であればプラスチックの入れ歯になるので強度や汚れにくさを意識している人にとっては使い勝手が悪いですし、壊れやすいのでその都度直さなければいけないという手間もあります。ただプラスチックの部分入れ歯はすぐに修理できるので手軽に治せるというメリットもありますし、保険診療であれば料金も安くなるので部分入れ歯を作りやすいです。そのため初めて部分入れ歯を作る人やあまりお金を掛けたくないという人におすすめです。

高性能な部分入れ歯も登場!快適な入れ歯生活を送るには

部分入れ歯が完成する期間

部分入れ歯を作るためにはまず口の中の型を取り、形成した型が違和感なく装着できるかどうかなど試行錯誤する期間が必要になります。そうして不具合を調整しながら作っていくため、入れ歯を作っている最中も何度か通院しなければいけません。このため不具合がない状態として完成するまでには、およそ2週間から5週間ほどかかるのが一般的です。最短の通院回数としても、およそ6回前後だと言われています。

ケアの方法を知っておこう

部分入れ歯を長く使い続けるためには、正しいケアの方法を知っておく必要があります。さらに部分入れ歯を正しくケアできれば、結果的に残された歯も長く使い続けられると言われています。部分入れ歯のケアとしては、食後にしっかり洗うことと専用の洗浄剤による洗浄が基本です。洗う際には入れ歯を傷つけないように柔らかなブラシを使うところがポイントですし、入れ歯洗浄剤に関しては部分入れ歯専用のものを使用するのが大切だとされています。また部分入れ歯が安定しない場合には必要に応じて安定剤を使用するのも、長く使い続けるための重要なケアとして言われているようです。

部分入れ歯の費用相場

部分入れ歯を作る際には保険診療と自費診療の2種類があり、それぞれで費用相場が異なります。例えば保険診療で作る場合には上下のうち片方でおよそ5千円から1万5千円程度の相場となっており、ほかにも診療費用や検査費用が掛かってくるのでおよそ1万円から3万円程度が一般的です。それに対して自費診療の場合は全て自己負担となるほか、部分入れ歯の種類によって価格が大きく異なります。そのため安いもので1万円から、高くなると20万円から30万円以上かかる場合もあるようです。

名医がいるところを選ぶことが大事!

部分入れ歯を作る際には、自分の口の中の状態に合った適切なものを利用する必要があります。さらに利用するためにはどのような入れ歯の種類があるのか、自分にはどのような部分入れ歯が合っているのか知らなければいけません。このように部分入れ歯に関しての知識提供や判断力は非常に重要なので、部分入れ歯を作るのであれば名医と言われる腕がいい歯医者を選ぶことが大切です。